夏川純 上戸彩@いい女になりたい
夏川純 上戸彩@いい女になりたい




香水の香り

秋風に漂う香り 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 この秋,フォーマルなファッションで出かける時におすすめの香水は「ピンクタイフーン」という香水です。これは比較的 若い女性向にプロデュースされたものですが,私は 先日48歳の気品のあるちょっとセクシーな女性と歩いていて,この香水に気付きました。その女性は中肉中背で少しブラウンに染めた肩までの髪,比較的かわいく見えるタイプの方で,日本橋のペイブメントを一緒に歩いているときに,ほのかに漂ったのがすごくセクシーに感じました。キュートなかわいさと大人の気品とちょっとセクシーさを感じさせる一品です。
 

香水の香り

香水の香りの変化-2 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 香水は不思議なもので,香水の香りの変化は人間の成長と良く似ています。フランスのちょうどベルサイユはなやかなりし頃,香水が最も流行ったときですが,そのときは最後の麝香などのどちらかというと臭い匂いが男性・女性とも性的アピールとして使われたそうです。最近は爽やかな匂いが好まれますが,たまにはちょっときついので迫ってみたら,彼氏が普段と違う反応をするかもしれません。

香水の香り

心地よい気配り 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

今日,ホテルである女性とお茶を飲んでいました。よく行き届いた肌の手入れ,そして動くたびにふっと漂う香水の香り。香水って このように少し動いたときに漂う香りがちょうど良いですね。
基本的なマナーは  http://www.fragrance.co.jp/02.html

ここにもあるようにランジェリーにも少しつけておけば万が一のときにも安心です。
くれぐれも付けすぎず,また やはりつけてだんせいにここと良い思いをさせる心配りは必要でしょう。

香水の香り

香水の種類 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

香水は,フランスでしょうね。5年程前,フランスの香水メーカーに見学に行ったことがあります。基本的に香水は欧米人が入浴の習慣が無かったものを補う目的でした。男性用は当初はじゃ香などのあの臭い匂いが雄々しいと喜ばれていたようです。女性用も甘い匂いが好まれだしたのは近代に入ってからのようです。香水もいくつかタイプの違うのを選んでおきましょう。そして日頃から香水の使うイメージをつかんでおきましょう。今は柑橘系などの爽やかなものが好まれるようですね。柑橘系の奥に少し臭みのあるダンヒルの香水が私は個人的には好きです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。