夏川純 上戸彩@いい女になりたい
夏川純 上戸彩@いい女になりたい




紅葉狩り

美しく見せるチャンス 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 今年の冬は暖かいですね。休日に彼を誘って外に散歩に行きましょう
 こんなときは男性にアピールするチャンスです。冬の木漏れ日の下を二人でロマンチックに歩く,そしてさりげなくお弁当を差し出す,それも大げさでなくといって少な過ぎるわけでもない,そのほうがいじらしく感じ,また,通りかかった小さなお茶屋さんで薄茶などを頂戴したり,またお茶をいただくときにさりげなく懐紙などを取り出してお菓子の下に敷いたりしたら,あなたの教養に男性はくらっとします。
そんな時なのですよ,男性の好みのセンスにあなたの持つ独特な雰囲気がバチッと合致してしまうのは。。。続きを読む

紅葉狩り

懐紙って便利です 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 懐紙を書いたので,ついでに言っておくと,最近はティッシュを持つ人が多いのであまり使われないのですが,懐紙って便利です。江戸の人は懐紙で汗を拭いたり鼻をかんだりしていたし,お茶で言う干菓子などを懐紙で包むこともできます。懐紙自身は 厚くもなく薄くもない,結構 便利な小道具です。(お茶菓子のお饅頭など,水気のあるものを載せるのは「りゅうさん紙」がある)
懐紙の折り方にはルールがあります。懐紙を持っていても折り方が間違っていたら,せっかくの小道具も台無しです。通常の折り方は,先に述べたとおりですが,小皿に物を載せて出す場合なども,独特の懐紙の折り方があります。基本の折り方は,裏返して使うということと,折り目(輪といいます)は自分の方に向けることです。但し,人に渡すときは懐紙の輪は,渡す人に向けます。

詳しくはこちらを見てください。
http://hac.cside.com/manner/6shou/18setu.html#k15

お菓子などを食べて口元を拭くときは二つ折りで使って,汚れた面を隠すように折り込んでカバンやポーチ,できたら袱紗入れにしまいましょう。

 何よりも,あまり使っていない昔の日本の小道具だから,さりげなく懐紙を取り出すだけで 男性の目を引くのは間違いないです!普段からお使って慣れておくと良いでしょう。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。