夏川純 上戸彩@いい女になりたい
夏川純 上戸彩@いい女になりたい




黒い髪の美人

黒髪の美人 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 最近はヘア・マニュキアが当たり前になってほとんどの女性が髪をそれなりに染めています。男から見て不思議に思うのは,カラーコーディネートの立場から言うと,髪を染めるのなら,眉やまつげも染めるべきだと言うことです。髪の色が黒から ほどとおいほど,眉やまつげの黒が際立ってしまいます。究極はヤマンバになります。
 先日,黒髪の美しい女性を見かけました。その方は顔も薄化粧でブツブツも見えず,その人柄を偲ぶ事が出来ました。その時思ったのですが,今だからこそ,髪を染めず,黒髪で自分を主張するのはいかがでしょうか。もちろん,黒髪とはいえ それなりの髪の手入れは必要です。バサバサ髪であれば意味がありませんが,染めた髪から黒髪に戻った女性は,人目を引くのじゃないでしょうか。

美しさの条件

もてる女性 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 世のカップルで,いい男とカップルになっている女が必ずしも俳優のような女とは限らないのです。一般的にちょっと個性があっても男に持てる女は確かにいるのです。
よく,「美人は3日で飽きるがブスは慣れる」といわれるのですが,どうも 心の問題だけではなさそうです。
 男にもてる女とは良く見ると,その人の個性をそれなりに生かした化粧など心配りをしている人でしょう。男はバカだから,第一印象は 一般論的な美人にあこがれてその人のイメージを決めてしまいがちです。だから,日頃の自分への手入れは大事であると思うのです。
 しかし その後 二度三度と会っているうち,その人なりに生かされた個性に男のセンスと合致する瞬間があった時 非常にいい印象,イメージをもってしまいます。そこから真の出会いが始まるのであると思います。つまり,女性独自が持つセンスで自分の顔を見たときに嫌いだと思っていた部分が,以外に男には好かれる部分であったりするのです。
真に もてる女とは男の好む自分の個性を十分に生かした女性であると思います。

美しさの条件

化粧を変えてみる 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

化粧を変えて見る。今まで自分じゃ気付かなかったあなたが鏡の中に現れるかもしれません。眉毛を少し薄くしたり,逆に 濃い目にしたり,口紅の色を変えたり,頬を薄くしたり濃くしたり,いろんなやり方があります。
化粧品を変えるのも一つのやり方です。でも,注意!肌に合うのとあわないのと,よく試したからにしましょう。化粧品の組成は,そんなにきついものはありませんが,脇の下や耳たぶの裏など,敏感でも目立ちにくい肌で 一度試してみて,問題がないかどうか確認してください。少し濃い目に付けて 一日ぐらい 様子を見てみましょう。また,最初から新しいものを買うのではなく,サンプル品を取り寄せてみるくらいの努力も必要です。化粧品もそんなに安いものではありませんからね。

荒れた肌

美しい顔,荒れた肌 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

人間の第一印象はです。人をイメージするとき やはり 顔をイメージします。
男が友達に彼女の話をする時,大抵「俳優で言えばだれに似ている」という質問を受けます。これはたわいもない気持ちからです。で,答える男は 大概 美人の女優の名前を出します。しかし,似ていたためしは ほとんど ありません。私は この質問は愚かなものだと考えています。
それに対して女性は,「わたし,○○に少し似ていない?」なんて聞きます。聞かれた男性は答えに窮します。これまた 似ていたためしは ほとんど ありません。私は これもまた滑稽なことだと考えています。
似ているということは,その人の追随であり,オリジナルではないということです。こんな追随こそ愚かなことです。
その人の顔というのはその人にしかありえないのです。だから自分の個性を十分生かすことを考えるべきだと思います。
しかし唯一だめなことは荒れた肌の顔です。荒れた肌の顔はその女性の美に対するあきらめ,若しくは ズボラ加減を表しているのだと思います。無論,病気など止むを得ない場合は別ですが,そうじゃない場合で手入れのしていない女性の顔ほど醜いものはないと考えています。

美しさの条件

顔の美しさ 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

人間の第一印象はです。人をイメージするとき やはり 顔をイメージします。
男が友達に彼女の話をする時,大抵「俳優で言えばだれに似ている」という質問を受けます。これはたわいもない気持ちからです。で,答える男は 大概 美人の女優の名前を出します。しかし,似ていたためしは ほとんど ありません。私は この質問は愚かなものだと考えています。
それに対して女性は,「わたし,○○に少し似ていない?」なんて聞きます。聞かれた男性は答えに窮します。これまた 似ていたためしは ほとんど ありません。私は これもまた滑稽なことだと考えています。
似ているということは,その人の追随であり,オリジナルではないということです。こんな追随こそ愚かなことです。
その人の顔というのはその人にしかありえないのです。だから自分の個性を十分生かすことを考えるべきだと思います。
しかし唯一だめなことは荒れた肌の顔です。荒れた肌の顔はその女性の美に対するあきらめ,若しくは ズボラ加減を表しているのだと思います。無論,病気など止むを得ない場合は別ですが,そうじゃない場合で手入れのしていない女性の顔ほど醜いものはないと考えています。

美しさの条件

お顔のお手入れ 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

一番大事だからといって,なんでもかんでも塗りたくれば良いというものではありません。俗に言う「やまんば」をしている若い女性など,決して良いとはいえません。
男性にとって魅せられる化粧とは ほんのり薄化粧です。これは共通していると思います。
人の顔は個性です。その個性の生かし方にその人のセンスが現れます。さらに その上に薄化粧。その薄さ加減は これまた その人のセンスです。
そのセンスがぴったりとあえば,男性はその顔に夢中になります。難しいのは その複合要素の「センス」です。
でも安心してください。男性Aさんにそのセンスは認めてもらえくても,男性Cさんにはそのセンスは認めてもらえるかも知れません。
女性が化粧を変えるのは失恋した時 なんて言われますが,私はいろいろチャレンジして周囲の反応を見るというのも大事じゃないかと思います。


紅葉狩り

懐紙って便利です 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 懐紙を書いたので,ついでに言っておくと,最近はティッシュを持つ人が多いのであまり使われないのですが,懐紙って便利です。江戸の人は懐紙で汗を拭いたり鼻をかんだりしていたし,お茶で言う干菓子などを懐紙で包むこともできます。懐紙自身は 厚くもなく薄くもない,結構 便利な小道具です。(お茶菓子のお饅頭など,水気のあるものを載せるのは「りゅうさん紙」がある)
懐紙の折り方にはルールがあります。懐紙を持っていても折り方が間違っていたら,せっかくの小道具も台無しです。通常の折り方は,先に述べたとおりですが,小皿に物を載せて出す場合なども,独特の懐紙の折り方があります。基本の折り方は,裏返して使うということと,折り目(輪といいます)は自分の方に向けることです。但し,人に渡すときは懐紙の輪は,渡す人に向けます。

詳しくはこちらを見てください。
http://hac.cside.com/manner/6shou/18setu.html#k15

お菓子などを食べて口元を拭くときは二つ折りで使って,汚れた面を隠すように折り込んでカバンやポーチ,できたら袱紗入れにしまいましょう。

 何よりも,あまり使っていない昔の日本の小道具だから,さりげなく懐紙を取り出すだけで 男性の目を引くのは間違いないです!普段からお使って慣れておくと良いでしょう。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。