夏川純 上戸彩@いい女になりたい
夏川純 上戸彩@いい女になりたい




周囲の目

インターネットの時代 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 インターネットの時代に情報がどんどん入ってきます。必要なものも不要なものもお構いなしにやってくる。誤った情報に誰かがちょっとプッシュすると誤った流れが生まれ誰も止めることが出来なくなる。女性を見る美意識も同じで,女優の○○がいいとなると,みんながそれを真似ようとする。ぽっちゃりした体型がりがりに痩せた体型,それはそれぞれの人たちの歩んできた歴史だと思います。そういう歴史を背景としているのだから,今現在持っているものの良さをしっかり見つめ,良さを認め,その上でどうしていくのか考えるのがいいのだと思っています。それはこれを書いた動機でもありますが,自分が生きていく自戒の気持ちもあるのです。他人の芝は青いけれど,自分の芝のよさもいっぱいあると思うのです。
人の持つものを追いつづけるより,自分の内部から美しさを追求しよう!

末広涼子

からだ巡茶:末広涼子 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 私は末広涼子ってあまり好きな女優ではありませんでした。末広は演技も上手でないし,気品が無い。顔のつくりは気品があるのですが,行動そのものに気品が見られないのです。さてその広末涼子のCMでおなじみの からだ巡茶ですが,先日,女性の友人がそれを飲んでいました。からだ巡茶って書いて「からだめぐるちゃ」って読むらしいのですが,このからだ巡茶,結構 体調が良くなるようです。便秘とかにも効き,内部から体調を浴していくようです。からだ巡茶,お勧めです。

いい感じの女性

隠れぽっちゃり 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 「ぽっちゃり」というのもいくつかの段階があります。聞くところによると,ぽっちゃり,でっぷり,たっぷりという3段階があるようです。でも具体的な定義付けはありません。
ぽっちゃりファンの言い分によると,痩せた女性は,「肌が汚い,乾燥肌,ガサガサ肌が多い」というのです。ぽっちゃりした人は脂肪分が多いので やはり どちらかというと しっとり肌が多いようです。それにぽっちゃりした人は,愛撫する面積が広いというのもいます。これは納得できる理屈ですね。
 ただ,ぽっちゃり女性で恋愛をあきらめ,チョコレート等の刺激ある甘いお菓子に逃げ込んでしまっている人は お肌にご用心ください

美しさの条件

懐紙を使って印象を良くする 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 お茶の作法はすごく深いものなので 今更 初めても間に合いませんが,懐紙を持っているだけで男はお茶の心得があるのだと勘違いしてしまうのです。懐紙は女性用は小さいもので男性用は大きい懐紙,お茶道具屋などで二つ折りで売っているけど,使うときは その折り目をそって逆に折り裏返しにして元の懐紙の束の上に載せて使います。懐紙の折り目を輪といいますが,束の輪と一枚の輪を合わせておいて,輪は手前に持ってきます。左手で懐紙の束をお皿のようにして持ち上げ,右手で楊枝を使ってお菓子を小さく切っておちょぼ口で食べていきます。懐紙の使い方ぐらいは ネットで下調べくらいする努力はしてほしいですね。で「昔,習ってたけど忙しいからそれっきりになっちゃって・・だから,お茶の作法はあまり知らないの」なんて,男性は女性に誤魔化されてもなんとなくかわいく感じてしまいます。
 日頃,そんなそぶりを見せない人がそういったことをするほどに,受け止める男性には強烈にいい印象を抱いてしまうのです。(本当に男ってバカだねえ}

いい感じの女性

意外な姿 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 能・歌舞伎の世界で安土桃山時代に,観阿弥・世阿弥という人たちがその基本を作ったのですが,世阿弥は花伝書という能舞台での演じるものの心得を残しています。そこには,老人を演じるには若者の気持ちで,若者を演じるには老人の気持ちでといった内容のことを書いています。
 つまり,これは見る人を意識してその人になりなさいということなのです。だから,出会い・恋愛の場面に当てはめると,女らしく自分を見せたいときは男性の気持ちになって,何をどのように訴えたらよいのかということを考えなければなりません。
 男性は清楚な女性には乱れた姿を求め,ふしだらな女性がたまに見せる堅実性に,驚き喜び魅せられます。
 あなたはどんな意外性で男性を魅了しますか?

少女から淑女

ちょっとリスキーに悪女を演じる 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 人間とは厄介なもので「他人の芝は青い」とか「無いものねだり」とか言われるように持っていないものに対して憧れがある。男性の憧れとしては日常のリスクの少ない生活の反面,ちょっとスキャンダラスな非日常を求めることがある。
 男性とのデートでちょっとリスキーな悪女を演じてみせるのはいかがでしょうか?多分ほとんどの女性はしっかりしたまともな女性だろうけど,ちょっと夜のデートのときに,ふと垣間見せる悪女の姿,絶対 男性は惹かれます。
 でも,突然の行う付け刃は,すぐにメッキは剥がれます。まずはイメージトレーニングで自分の悪女さ加減に慣れておくことが必要です。


もてる女

どちらが引き立つ サンドラ=ブロック 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 サンドラ-ブロックを知ったのは「スピード」でした。このときバスを運呈して一時の彼女の横顔は普通の女の顔だけどすごく色っぽかったのを覚えています。サンドラ-ブロックも特に美しいというわけではないのですが,肌のつや,色など男を魅せるものを持っています。
 その後,サンドラ-ブロックは酒宴でデンジャラス・ビューティーというのを見ました。では何だかサンドラ-ブロックの魅力を無理やり作るため,ゴージャスな衣装や装飾で飾っていたため,逆にそれらに食われてしまって本来のサンドラ-ブロックの魅力が台無しだったと思います。ストーリーはこちらのほうが面白かったけど・・・(笑)
 皆さんも,いいものに憬れると思いますが,それによって自分が引き立つのではなく「物」が引き立つってことがあるかもしれません。自分の顔,スタイルにあわせて奈自分を引き立たせるものとは何か,よく精査してください。

ウェブ研究会

ウェブ研究会 実験HP 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

ウェブ研究会 実験HP

  いろいろクリック実験,
  完全無料ですから ご協力お願いします。

   アフィリエイト 実験HP

 ユキさん,こんな貼り付けでいいのかな?

少女から淑女

NHKの女性ファッション番組 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 NHKの特番でファッション作成の裏側を描いたものを見ました。最近のNHKはなかなか良いものを造っているような感じがありますが,その番組を見て驚きました。これまでのデザイナーは世の動きを見て,自分のセンスとアレンジしてファッションを提案し世に送り出していたのが,コンシューマーをデザインの場に参加させ,小ロットのものを短期間に売るというもので,ファッションの世界も変わったものだと,このNHK特番で考えさせられました。
 つまり,女性の価値というのもこれまでのような権威というのがなくなって それぞれの個性を主張する時代になったのです。しかし,女性が自分を売るということは要するにその需要者である男性のセンスにあわせなければならない時代になってきたということです。だから,雑誌やネットでこのようにしなさいというのではなく,こんなものが求められていますよという示唆する情報が重要になってきたということだと思います。

少女から淑女

フルーツからプレシティーへ 【夏川純 上戸彩@いい女になりたい】

 先日,本屋さんへ行ってきました。女性雑誌は若い女性向けと中年向けの雑誌に分かれます。定期購読をしている人も多いようですが,いろんな種類のが,消えたり出たりと非常に煩雑な状況の中で,定期購読するのは難しい状況です。
 その中でも「fruit」と「precity」という2誌が目に付きました。前者は若い人向け,後者は淑女向け。これから秋になるなかで,男性が遊び相手としては前者ですが,本気で心の友,若しくは深く付き合いたいと考えるのは後者になると思います。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。